ユーザー各位、及びRagnarok Onlineユーザー有志御一同様
2002 12/17
弊社におきまして本日17日、ユーザーの有志の方とお話をさせて頂く機会を設けさせて頂いておりました。
しかしながら諸般の事情におきまして、残念ながらお話をさせて頂くことができない状況となってしまいました。
弊社としましては、本件誤解の無きようご説明をさせて頂きたいと思います。

先般12月9日、弊社にユーザー様よりご連絡を頂きまして
「署名を集めたものを直接持ってご訪問される」旨のご連絡をお受けいたしました。
弊社としましては、ユーザー様のご意見を直接伺える機会と捉え、是非お会いしたいということで、
ご回答させて頂きました。
Web等での活動とのことでしたので、早速どのような活動をされているのか確認をさせていただきましたが、
その時点では内容が未確定であるとのことでしたので、後日改めて確認をさせて頂くこととしておりました。

その後、ご連絡を頂き「雑誌記者を同行されたい」とのお話を頂きました。
弊社としましては、記者の方が入られ取材を兼ねたお話をさせて頂くことは企業として出来かねる点、
また売名行為などあらぬ誤解を発生し、健全な活動のイメージが損なわれてしまう点、
弊社としてもユーザ様の生の声を直接聞かせて頂きたい点をお話させて頂いた上で、こちらとしても
お話できる点はお話したいとご連絡させて頂きました。
ご対応いただいたユーザー様もその点はご納得頂けましたものと思います。

昨日、ご質問の内容が確定されましたかどうか、我々としても事前にご回答を検討させていただく上で
確認をさせて頂きました。
すると該当活動において、雑誌社に向けて記事掲載依頼のメールが掲載されておりました。
社内にて会議検討の結果、残念ながら事前にお伺いした内容とは異なり、
このようなご対応をされている件に関して、お会いすることは困難である旨をお伝えすること
を決めさせていただきました。
前日ということで早急にご連絡をさせて頂く必要があると考え、急遽夜分ではありますが
ご訪問頂くユーザー様に昨日中にご連絡をさせていただきました。
その際、署名と共に公開質問と明記されました質問状に関しては、ご連絡差し上げた際にも
読ませていただくことをお話をさせて頂きました。

お会いすることはできない形となってしまいましたが、本件の御質問内容に関し、弊社として
お返事をさせて頂きます。
内容に関しましては下記をご覧いただければ幸いです。
貴重なご意見ありがとうございました。

公開質問状内容
公開質問状回答

弊社としましても、ユーザーの皆様と共にラグナロクオンラインを発展させていきたいと
切に考えさせていただいております。
しかしながら、力不足にてユーザーの皆様の御期待に答え切れていないのも現状と痛切しております。
至らない点、多々ある部分に関し、ユーザー様のご意見を出来うる限り反映させていけるよう
今後とも弊社は更なる努力を進めさせていただく所存です。
是非、御支援の程よろしくお願い申し上げます。

ガンホーオンラインエンターテイメント株式会社
ラグナロクオンライン運営チーム