■メニュー: |TOPインターネットの歴史インターネットの歴史年表テキストサイトの歴史RagnarokOnline(JP)の歴史RagnarokOnline(JP)の歴史年表『THE iDOLM@STER』MADの歴史アイマスMADを中心としたコミュニティの発展に関する研究GoogleTrendsで見る、Webの話題と騒動ニコニコ動画で見るFLASH黄金時代「東日本大震災発生に伴うインターネット上の出来事と話題」日表倉庫


2007-05-22 Ragnarok Online の現実。について

『Ragnarok Online の現実。』が少し前から見れなくなったのだが
今日、『仮想橋』が『Ragnarok Online の現実。』をミラーした。

『Ragnarok Online の現実。』は「第二次署名運動」時に、運動を支援する目的でmikage(mkg_b)氏が作った文。
『うさだ』(Finite laboratory loot)に影響されたわけだ。彼は当時、高校3年だった。02年12月のことだ。

この『Ragnarok Online の現実。』だが、結構な反響があった
だが彼と「第二次署名運動」とはすぐに決別になった。

彼は一言でいうなら「正攻法での運動」を考えていた。
それに対し「第二次署名運動」の中心人物達はガンホーに負けないように色々手(策略)を打とうとした。
彼と「第二次署名運動」の中心人物達とは考えが合わなかった。

彼は決別後、しばらくして『Ragnarok Online の現実。』のページを消した。
これで彼の書いた文はネットから消えたかというと消えなかった。
何故か。それは『Solo Das Jagt』が彼の文をミラーしたから。
消したかった文が消えなかったわけで、彼は自分の文がミラーされたことを良く思ってなかった。

04年秋、いわゆる「内部告発騒動」勃発。
このときに彼は再び『Ragnarok Online の現実。』を書くことになる。
04年11月、新たな『Ragnarok Online の現実。』を公開。

ネット上にミラーを作った人物が居たことであの文書は生き続けてしまった。文章を無断でコピーするなという文面や、著作権表示を怠っていたわけですし、その行為を咎めるつもりはないです。しかし、そのままにもしておけない。そこで合理的にミラーを殺す文書の作成を始めました。それが ro.brionac.org です。オリジナルが復活すれば、ミラーの出番がなくなり自然閉鎖するだろうと。

しばらくして『Solo Das Jagt』が消えた。つまりミラーされていた『旧Ragnarok Online の現実。』が消えた。
これで一安心かと思いきや、05年、『BOTNEWS』が現れた。

反ガンホー思想が強い『BOTNEWS』を彼はヘイトサイトだと言って嫌っていた。
でも『Ragnarok Online の現実。』は
『BOTNEWS』を中心とした反ガンホー思想が強い人たちに道具として利用されたわけで。

06年6月、彼は『Ragnarok Online の現実。』の更新停止を宣言する。

結局私の思想は理解してもらえず、また BOTNEWS という強力なヘイトサイトが登場し人気を博し、
今や RO コミュニティのオピニオンリーダーとなった事で、
ユーザーが望んでいるのは叩くことなのだと悟りましたし、
洗脳合戦でも最早勝つ目は無いだろうと見切りました。

ざっと今までを振り返るとこのような感じである。
歴史は繰り返す。
彼はミラーされたことを良く思ってなかったのだが、再びミラーされることになった。
それも『BOTNEWS』の影響を強く受けた『仮想橋』に。

さて、彼は再び『Ragnarok Online の現実。』を書くことになるのだろうか? 
それは彼に聞かないと解らない。

-------------------------------------
追記:さくっち氏から「BOTNEWSさんの影響は受けてないですよ。」との反論有り。