■メニュー: |TOPインターネットの歴史個人サイトが多めなインターネットの歴史年表テキストサイトの歴史RagnarokOnline(JP)の歴史RagnarokOnline(JP)の歴史年表アイマスMADの黎明期アイマスMADを中心としたコミュニティの発展に関する研究ニコニコ動画で見るFLASH黄金時代「東日本大震災発生に伴うインターネット上の出来事と話題」日表ドラゴンクエストXベータテスト年表自己顕示欲充足システムに飲み込まれる登山者と事故の危険性 〜インターネットの普及による山行への影響について『ヤマレコ』を事例にして〜 『佐倉葉ウェブ文化研究室』10+3年の歩み倉庫

■RagnarokOnline(JP)の歴史: α/β1/β2/Episode1.5/Episode2.0/Episode3.0/ Episode4.0/Episode4.5/Episode5.0/

Episode4.0 (04年06月08日〜05年04月26日)  Map Server

再確認と再認識
 04年6月、ガンホーはBOT対策を行うも一時的なものでしかなく、多くのプレイヤーを落胆させる結果となった。 そんな中で現れた内部告発と称された文書はプレイヤーにガンホーの行いを再確認、自分の立場を再認識させ、結果、 β2以来の大規模抗議活動が起こることとなった。しかし事態を好転させるまでにはいたらず、 抗議活動は時間とともにトーンダウンしていった。
 05年4月、ガンホーは再びBOT対策に乗り出す。
ゲームシーン・Episode4.0
ウンバラ、ニブルヘイム、マリッジシステム、スーパーノービス、転生実装。
Verdandiワールド追加
内部告発と称された文書の登場によりコミュニティは混乱したが、拡張パッチはそれなりに華やかなものが来た。
BOT問題はもちろんだが、この時期の問題はなんと言ってもエミュ鯖が目立ち始めたことだろう。 本来、アンダーグラウンドに居るはずのエミュ鯖が表世界に出始める。
BOT対策期間中は接続人数が約3〜4割減少。BOTの多さを改めて確認することとなった。

新たにスーパーノービス職ができたが、それ以前のスーパーノービスとは高Lvノービスのことを言った。 その代表格buripoi氏はα・β時代にノービスながら果敢に強敵に挑んだ。

ウンバラ、マリッジシステム、スーパーノービス実装(2004.06.08)
 サーバに負荷がかかるので無理とラグナロクオンラインサミットでは言っていたマリッジシステムだが 他国のサービスより遅れて実装。 スーパーノービスという言葉は元々超弱いまま転職せずに頑張っているノービスに対しての敬意を込めた通称。 新しく実装されたスーパーノービスはHP・SPが低く、弱いものの、代わりに他の一次職のスキルがほとんど取れる。 スーパーノービス職を作ってほしいという意見は前々(β時)からあったし、 こういう風にプレイヤーの意見を取り入れるのはグラヴィティの良い所か。
資料:のーびす昔話初心者修練場

BOT対策パッチ(2004.06.29〜2004.07)
 この時期は6月29日、7月6日、7月13日、7月15日と連続して対策パッチを施す。 流石に効果を発揮。連続して対策パッチを施すことにより、きちんと抑止力になることが証明された。 この時期、接続数5分〜1割減少。
資料:接続数 (RagnarokPeople)

up祭り(2004.08.16)
 ガンホーのftpサーバー(ftp://patch.ragnarokonline.jp/)が anonymousでpassなしにアップ・ダウン可能状態であり、 サーバーにはすでに洋楽mp3がアップロードされていたことが発覚。 瞬く間に2chの各所に情報が広がり、up祭り開始。 動画、ゲームなどがアップロード・ダウンロードされた。ガンホーは明日になってやっと対処。告知をだした。 告知文には、「しかるべき対処を行うことも検討しております。」と書いてあったが、 しかるべき対処は行えないとわかっていたからこそ祭りになったわけで、告知文は2ch住民の失笑を買う。
資料:ftpサーバーのファイル 12

ニブルヘイム実装(2004.08.24)

蔵野ありさチート疑惑(2004.08.27)
 LISA板(したらば)で、使うと”チートツール「TripleStrafing」絶賛使用中!” と叫ぶ罠ツールに引っかかったプレイヤーのSSが晒される。 そのキャラ名が「*あゆみ*」で、ラグナロ娘・蔵野ありさのキャラでは?と騒ぎになり、 蔵野がチートを使ってるのではいう疑惑が浮上した。
 9月10日、蔵野側が釈明のFlashを公開。 その内容は直訳すると「証拠は出せないけど無実です。」というもの。 駄作Flashは結果として消えそうだった火に油を注ぐ結果に。SSは簡単に改変できることもあり、真偽は不明。

内部告発騒動(2004.10.30)
 発掘!! お宝映像 ハプニングアイドル集という雑誌に、 「某人気オンラインゲームのキャンギャルが告発!怠慢経営姿勢と私利私欲に走った社員たちの衝撃実態」 という題の記事が掲載される。 その記事にはどこにもラグナロクとは書かれてはいなかったが(写真はROのをぼかして使っていた)、 その内容、客を馬鹿にするオンラインゲーム管理会社と私利私欲社員はROを想像させるものであり、 記事のコピーが各所に貼られ、騒ぎになった。ちなみにその記事には、
----------------------------------------------------------------
”社員が客を「クズ」呼ばわりしている”
”社員がBOTとRMTをしている”
”イベントでの空気の読めてない迷惑プレイヤーが実は社員”
----------------------------------------------------------------
などが書かれていた。
 この記事に関する問い合わせについて、ガンホーは告知を出し、記事の内容が事実無根であると主張した (記事にはラグナロクと書かれてはいないのだから、告知文の書き方はおかしいのだが)。 記事が真実である証拠はない(そもそもこういう記事は大げさに書く傾向がある)し、 特に新しい事実も書いてなく噂話を集めた程度、価値の無い記事であり、本来であれば騒ぐほどの物ではない。 しかし、これまでのガンホーの行い・プレイヤーとの信頼関係の無さが、この記事に説得力と価値を持たせることになった。
資料:『某人気オンラインゲームのキャンギャルが告発!』まとめページ
資料:記事
資料:10月30日のプロンテラ城門前 12

抗議・改善要求運動(2004.11)
 内部告発騒動、その原因になった記事は告発というわりには内容の弱い記事だったが、 一部のプレイヤーに今までのガンホーの行いを再確認、自らの立場を再認識させる、そのきっかけとしては十分であった。 改善要求・不買運動の機運高まり、幾つかのサイト・スレッドが出現。それらは
----------------------------------------------------------------
”入金を止める”
”入金を1Dayチケットにする”
”他の媒体へのアピール”
”国民生活センターに訴える”
”海外のROサーバーに移住する”
----------------------------------------------------------------
などを他のプレイヤーに提案した。
即効性はなかったが、長期的には効果があった抗議運動
この内部告発騒動の渦中にあった(内部告発騒動にしばしば反応していた)サイトやスレッドは、考え方・行動の違いから大きく2派に分けることができる。
■実力行使重視(改善要求はもちろん行うが、まずは実力行使で抗議する志向)
  『チケットを一ヶ月停止する運動(不買運動)』
  『RO全鯖一斉ログアウト』
  『さてどうなるGung-Ho?(ガンホーに不満たらたら!?)』
  『ガンホーを国民生活センターに訴えよう!!』
  などが個別に活動。
■ガンホーとの相互尊重重視(実力行使の抗議よりも手を汚さないキレイな形の活動を行い、ガンホーに改善を促す志向)
  『RO.Consortium』
  『Ragnarok Online の現実。』
  『light it again』
  『Ragn@thoR』
  『20041030関連情報(備忘録)』
  などがブログのエントリーなどでお互いに言及し合う。

この抗議・改善要求運動によってガンホーが本格的なBOTの取り締まりを行うことはなく、活動としてはあまり上手くいかなかった。理由としては、
・実力行使重視側は、強い影響力をもってROコミュニティ内に抗議運動を広める役割のサイト、つまり「抗議運動の宣伝役」がいなかったため、実力行使を行っても人数は少数であり、ガンホーにダメージを与えることが出来なかった。
・相互尊重重視側は、手をあまり汚さないキレイな形で活動を志向した結果、お互いがサイト経由で会話をよくするものの、ただそれだけであり(行動としては『RO.Consortium』がWebヘルプデスクに質問を出した程度)、改善運動としては何も成し遂げられなかった。
総括としては「抗議・改善要求運動の中心にいたサイト達の多くは、リーダーシップと積極性に欠け、自ら動いて組織を纏め、事を成し遂げることが出来なかった。」
ただ、目に見える形で大きな成果が2つあった。
1つはガンホーオフラインミーティング開催のきっかけになったということである。
ガンホーオフラインミーティングは、
・プレイヤー側にとっては運営(しかも開発本部長)と直接対話出来る。
・ガンホー側にとっては「客と対話する企業」という風に良いイメージを与えることが出来る。
と、両者にとって得なものであり、一回目こそ成功とは言えなかったものの、回を重ねるごとに意味のあるものになっていった。
2つ目は実力行使重視側の「国民生活センターに訴える活動」が健闘し、「BOT問題」の存在を世に広めることに貢献したということである。
国民生活センターに訴える活動の結果、国民生活センターからガンホーに指導が入ることとなった。さらには 翌年4月8日、NHKの「ニュース10」がBOT問題を取り上げた。そのとき、「ゲームの邪魔者 "謎のロボット"」と題名にラグナロクオンラインという単語は入っていないものの、 ガンホーが国民生活センターから指導されたことに触れ、ガンホーによる BOT 取り締まりの紹介、さらには抗議活動によって生まれたサイト『BOT撲滅運動:国民生活センターに訴えよう』が紹介されたことから、 番組の内容は事実上「ラグナロクオンラインの邪魔者 "BOT"」であり、抗議運動が番組の内容に強く影響を与えたのは明らかであった。 こうして一般の人には見えないラグナロクオンラインの内部しかも「裏側」の問題であったBOT問題を「表側」に引っ張りだしたことは大きな成果であったと評価していいだろう。
日付 出来事
04.10.29頃? 「発掘!! お宝映像 ハプニングアイドル集」という雑誌に掲載された 「某人気オンラインゲームのキャンギャルが告発!怠慢経営姿勢と私利私欲に走った社員たちの衝撃実態」 という題の記事がインターネット上にアップロードされ、『OWN RAGNAROK』の雑談掲示板で話題となる。
04.10.30 『にゅ缶』に「キャンギャルが告発!」スレが立つ。
04.10.30頃〜11月頭 10月30日頃から11月頭までの間に、まとめページ・抗議サイト、改善要求サイトが次々と現れる。以下はその代表的なもの。
Quadrilateral space』が『某人気オンラインゲームのキャンギャルが告発!』を作成。
『高梨観光』が『某人気オンラインゲームの内部告発』を作成。
『テゼの丘』が『某MMORPG キャンギャル関連リンク集』を作成。
Favor's Ragnarok』が『チケットを一ヶ月停止する運動(不買運動)』を作成。
ソルバルウさんの青箱日記』が『ガンホー仕事しろリング』を作成。
User's Resistance』開設
RO全鯖一斉ログアウト』開設
light it again』開設
20041030関連情報(備忘録)』開設
その他にも抗議の意思を示したサイトが多数あった。
04.10.30 RO公式が「根拠の無い事実無根の記事である」と告知
04.11.04 告発記事の件が『AllAbout』のインターネットゲームで紹介される。 担当は宇川伊知郎氏。
某人気オンラインゲームのキャンギャルが告発!・・・について
実は当サイトにもユーザーさんからの告発がありまして(もう1年ぐらい前)記事にして紹介する予定でしたが、ユーザーの代表さんに質問メールを出しましたが帰ってきませんでした。しかし今回の例もあるなら真相は・・。
04.11.05 ガンホーオフラインミーティング開催の告知
04.11.05 AllAboutで宇川氏が告発記事の感想を募集。
04.11.09 宇川氏に圧力がかかる。
あっ、例の告発記事の関係で圧力があったり・・・。せっかくユーザーさんから大量のメールを頂いているのに。今月中にはカタチにしたいと企画中。
04.11.10 宇川氏に圧力がかかる。
11月10日現在。さすがにタイトル名と運営会社名が出せないかも?しかし、ユーザーの言い分が間違っているとは思えません!最初に世間にBOTの存在を知ってもらう記事で攻めていこうかと企画中。多少ですが内容的には、まわりくどいような文になるかな?一般の人にも状況を知ってもらいたい。
04.11.10 オフラインミーティング当選者発表
04.11.12 宇川氏が『AllAboutインターネットゲーム』に「ラグナロクを考える(仮)」コーナー設置
『さてどうなるGung-Ho?(ガンホーに不満たらたら!?)』開設
ROSS(Sig's Archives "RO")』が『RO.Consortium』を作成。
RO.Consortiumは、ユーザーの力でRagnarok Onlineを変えていこう、というサイトです。 まず前提としてGungho社はGravity社と独占包括永続提携を結んでいます。

よってROの管理会社はGungho社。これは決定事項です。管理会社の変更はありえません。Gungho社が消えるときはROが消える時です。この時点で現状の改善を求めるならば、有効な選択肢は3つ。強い調子で糾弾するか、実力行使に踏み切るか、話し合いによる相互理解を望むか。前2つを選ぶなら、他のサイトを覗いたほうが良いでしょう。RO.Cの選択は、3つめです。

RO.CはROというゲームを楽しむためのパートナーとしてGungho社を認め、対等かつ紳士的な応対を基本姿勢とします。一切の罵倒、攻撃的な言動を排除し、より良いROのために建設的な協議を重ねることを゛要゛とします。その上で改善案・質問状・意見書の作成と送付を活動内容とします。これはGungho社に屈し、迎合する姿勢ではありません。そもそも勝敗ではないからです。そして成果を期待しません。ローマは一日にしてならず、歩み寄る姿勢を示すことがまず重要。楽しく、面白いROはユーザーが作ります。我々はいつだってそうしてきたし、これからもできる筈です。

まずは"癌"という蔑称を捨てることから始めましょうか。こういう些細なことが、大切です。
RO.Cについて(RO.Consortium)
04.11.14 第一回ガンホーオフラインミーティング。「プレイヤーが要望を言う⇒ガンホーが出来ませんという」が多く、わざわざ火に油を注ぐ結果となった。 参加者がミーティングの音声データをアップロード。音声のテキスト化開始。
04.11.16 『OWN RAGNAROK』がBOT対策を懇願する署名運動を開始
04.11.22 チート疑惑のあった蔵野ありさがラグナロ娘を辞任。
04.11.25 「第1回ガンホーオフラインミーティング」開催結果のご報告
04.11.27 「鬼ヤバ Vol.08」に、「RMT話題騒然の噂を再検証 某人気オンラインゲーム管理会社にまつわる噂話 劣悪な管理状況が内部告発で暴露」という題の記事が掲載される。
04.11.28 AllAboutで宇川氏がBOTに関する記事を執筆中。
BOTの件について一応記事は完成しました・・・が、かなりの修正入ってます。圧力もありますので。シリーズ物になる予定で第1回はBOTの存在について。あまり名指しでのタイトル名は初回ですのでひかえています。ただしROの名前は1個あります。12月予定の第2回でなんとか。
04.12.19

04.12.26
OWN RAGNAROKがBOT対策をお願いするメッセージを募集。119通のメッセージが集まる。
04.12.21 AllAboutラグナロクを考える(仮)が消える
04.12.27 OWN RAGNAROKがメッセージを印刷し(A4用紙200枚程度)郵送でガンホーへ送る
04.12.28 OWN RAGNAROKが送ったメッセージをガンホー受け取る。 カスタマーサポート部は
今回いただきました皆様からのメッセージを運営チームにて目を通させて いただき、実現可能な案につきましてはグラヴィティ社とも協議の上、採用し 取り入れてまいりたいと思います。
とメールで回答
04.12.29 AllAboutで宇川氏が質問を募集
12月に公開予定だったラグナロク騒動について。ユーザーさんの声を紹介する記事でしたが内容をさらに発展させるためAllAboutより正式にユーザー側の意見を2,3点取りあげ運営側のコメントを頂く形式になりました。

12月公開予定であった記事は約6ページにもおよび、当サイトで募集したユーザーさんの意見をほぼ原文に近い形で紹介した内容でした。ただ公開時には、これではあまりにも一方的すぎるということでもあり運営側からもコメントを頂く内容にする予定です。

既に年末ということもあり2004年から2005年に移りゆく短い時間ではありますが当サイトを通して運営側に、これだけは聞いてみたい・・・という質問事項を急遽募集いたします。

運営側には今までに当サイトに届いたユーザーさんの現状を語る意見を3点ほど選び紹介いたします。また何点かの質問事項を箇条書きにして、それについての回答を頂く予定になります。この質問事項は当サイトでも編集はしますが確信をついた質問事項にしたいので ユーザーさんからの質問内容を募集します。ガイドよりはユーザーさんが一番確認したい質問があるのではないかと思います。

<追加>
質問事項については運営側に見せる前に当サイトで公開予定にいたします。ユーザーさんが納得いかない質問をして今までのような同じ回答例では効果もないようですので。公開した質問事項につき運営側に見せる前までに時間があれば質問事項の修正や利にかなうような回答を求める質問にしたいです。
05.01.11 AllAboutで宇川氏がラグナロクオンライン関係について
ラグナロクオンライン関係について

ラグナロクオンラインについては、ユーザ側とメーカー側両方の意見を吟味した上、再度今後どういう形で記事にしていくのかを検討したいと思います。申し訳ありませんが、しばらくお待ちください。
結局、記事はアップロードされなかった。
05.02.14 ラグナロク署名運動』開設。約500名の署名を集めたと本人が言っているが、その署名をどうしたのかは不明。
05.03.18 第二回ガンホーオフラインミーティング開催の告知
05.03.26? 『にゅ缶』の「【BOT撲滅運動】国民生活センターに訴えよう」スレから生まれたサイト『【BOT撲滅運動】 ガンホーを国民生活センターに訴えよう!!』開設
ガンホーに苦情メール送っても、
抗議のためにRO課金停止しても、
大きな戦果を上げられていません。
かつては活発だったコミュニティ重視の大規模なファンサイトも多くが閉鎖され、
代わってBOTerが堂々と日記サイトをはじめ、
RMTサイトがGoogleに広告まで出す始末・・・
しかし、ここで突然、未知の方角から一筋の光明が差し込んできました。
「国民生活センターにガンホーのサービスの劣悪さを訴える」
これはΣ(・∀・*;)
今までにない、手軽さと大きな可能性を秘めているようです。
しかし、これには皆さんの協力が必要です。
皆さん一人一人の声が大きなうねりとなって、
公的機関を動かしガンホーを本格的BOT対策へと仕向けましょう。
運動に賛同するギルドメンバー・狩り友・相方・伴侶をお誘いの上、奮ってご参加下さい
【BOT撲滅運動】 ガンホーを国民生活センターに訴えよう!!
05.04.02 改善運動の中心的なサイトであった『RO.Consortium』が閉鎖。
05.04.08 NHKの「ニュース10」がROのBOT問題を取り上げる。 社名・ゲーム名は出なかったがマクロと言わずBOTと言ってることからも分かるように明らかにガンホー・ROが中心。使われた画面写真もRO。 内容はBOTの存在とRMTがBOTと関係していること。国民生活センターに管理会社に対する苦情が多く寄せられていること。運営会社が行ってる対策など。
05.04.17 第二回ガンホーオフラインミーティング。先のNHKの放送に対してコミュニケーションの活性化などの良い面も取り上げてほしかったと回答。


▼目次
ウンバラ実装
BOT対策パッチ
up祭り
ニブルヘイム実装
蔵野ありさチート疑惑
内部告発騒動
抗議運動
ガンホーオフラインミーティング
ステルス公平/窓手BOT
正式サービス2周年
エミュ鯖接続人数大人数化
登録情報詐称者に対するアカウント停止措置
転生実装
不正アクセスを受け、顧客情報改ざん
サイト開設
サイト閉鎖/更新停止

日付 イベント
04.06.08 ウンバラ実装
04.06.08 RagnarokOnlineMAP開設
04.08.16 up祭り
04.08.17 夏祭りオンラインイベント
04.08.24 ニブルヘイム実装
04.08.27 蔵野ありさチート疑惑
04.08.27 インデュアバグ発覚・修正失敗
04.08.28 インデュアバグ修正再び失敗
04.08.29 ギルド攻城戦中止
04.09.03 インデュアバグの修正と攻城戦再開
04.09.24

04.09.26
東京ゲームショウ2004
04.10.20

04.11.02
ハロウィンイベント
04.10.22 登録情報確認のお願い
04.10.30 内部告発騒動
04.11.01 告発記事に対し、ガンホーが遺憾の意
04.11.02 転生システム実装延期の告知
04.11.05 ガンホーオフラインミーティング開催の告知
04.11.10 オフラインミーティング当選者発表
04.11.14 第一回ガンホーオフラインミーティング
04.11.30

04.12.28
アニバーサリーイベント
04.12?

05.12.14
ステルス公平
窓手BOT
04.12頃〜 エミュ鯖接続人数大人数化
04.12.07 ネコミミキャップ実装
04.12.14

04.12.28
クリスマスイベント
04.12.19

04.12.26
OWN RAGNAROKがBOT対策をお願いするメッセージを募集
04.12.22 登録情報詐称者に対するアカウント停止措置
04.12.25 RAGtime開設
04.12.27 OWN RAGNAROKがメッセージをガンホーへ送る
04.12.28 OWN RAGNAROKが送ったメッセージにガンホー回答
04.12.28

05.01.11
新春イベント
04.12.30 ラグナロクバトルオフライン頒布
05.01.09 聴牌がPT侵入バグの存在とやり方を広める
05.01.12 PT侵入バグの除去
05.01.25 ラグナロクオンライン2005年上半期計画発表会
05.02.08

05.02.15
バレンタインイベント
05.02.15 転生実装
05.03.01

05.03.15
雛祭りイベント
05.03.01 RagnarokPeople停止
05.03.09 ガンホー上場
05.03.12 Breeze from Prontera閉鎖
05.03.28 登録情報確認のお願い
05.03.29 不正アクセスを受け、顧客情報が改ざん
05.03.29 Verdandiワールドオープン
05.04.05 真理の目隠し実装
20分間巻き戻り
05.04.08 NHKでBOTが報道される
05.04.11

05.04.12
アイテムドロップ率2倍
05.04.12

05.04.19
経験値1.5倍
05.04.17 第二回ガンホーオフラインミーティング
05.04.19

05.04.26
第三回マイグレーションプラン
ガンホーオフラインミーティング(2004.11.14)
 内部告発騒動で一番ショックを受けたのはガンホーだったようだ。広がる抗議運動の火に素早く対策。 騒動発生の6日後にはガンホーオフラインミーティングの告知を出し、告知の5日後に当選者発表。 その4日後にミーティングを開いた。
 ガンホー・プレイヤーともに相手を言い負かそうという意思が働いたせいか、 ミーティングでは終始質疑応答で、プレイヤーが要望を出して ガンホーが弁明するだけのガンホー言い訳説明会になり、わざわざ火に油を注ぐ結果となった。
 前々からガンホーはプレイヤーの満足度を重要視していると言っており、 抗議運動の火に反応したのもその一環なのだろうが、このようにやる事なすこと裏目に出たり、 オチが付いたりしてしまうところがガンホーの評判に繋がっている。
 ちなみに当選者発表からミーティングまでの期間は短かったが、参加プレイヤー側の対応は速かった。 参加者同士で連携をとり、当日の質疑、その記録、文と音声の公開までを混乱無くこなす。 質疑での詰めは甘かったものの、参加できなかったプレイヤーの期待に応えた。
資料:20041030関連情報(備忘録)
資料:ラグナロク・オフラインミーティングまとめ抜粋文化の極み♪
資料:「第1回ガンホーオフラインミーティング」開催結果のご報告(質疑応答内容をご紹介)(公式)

ステルス公平/窓手BOT(2004.12.xx?〜2005.12.14)
 ステルスとはマップ情報読み込み中にサーバーとクライアントの通信を止めることで マップ上に姿は見えないが存在はしているという状況を作り出すこと。 この姿が見えないキャラ(本垢)とBOT(捨て垢)でパーティ公平し、 姿が見えないキャラに経験値を分け与えることをステルス公平という。
 ステルスが広まる前、BOTとのパーティ公平で本垢キャラを育成するには ノンアクティブモンスターが主体のMAPで本垢キャラをお座りをさせることになるわけだが BOTがいるMAPでずっとお座りだけしているわけで、BOTとの公平を感づかれてしまう。
 ステルス公平を行うことでBOTとのパーティ公平を感づかれずに、又、アクティブモンスターから狙われることも無くなる。 ステルス公平をする者で弓職を使い、スティング(通称マドハンド)が出現するマップで狩っているものは窓手BOTと呼ばれた。 窓手BOTは弓職の射程の長さを利用して横殴りしまくる。

正式サービス2周年(2004.12.01)

こんばんは、ラグナロクオンライン運営チームです。
ラグナロクオンラインは、12月1日、00時00分を持ちまして
正式サービス開始より2周年を迎える事となます。
これより、皆様とともにカウントダウンにてその時を迎えたいと思います。
また、カウントダウン終了後には、日頃の感謝を込め
ささやかではありますが、お祝いをさせていただきたいと思います。
それでは、カウントダウンを開始いたします。
10
3
2
1
ワールドアナウンス
この後、1周年時と同様にイベントバフォメットが街を襲撃。

エミュ鯖接続人数大人数化(2004.12頃〜)
 03年1月のAEGIS流出によりエミュレータープログラムが作られるようになったが、 それを利用して立てられたエミュ鯖の接続人数は国内ではどのサーバーもせいぜい2桁であった。 しかしこの頃から軽く3桁にとどくエミュ鯖が現れ始める。エミュレータープログラム・Athenaの完成度が上がっていき、 パソコンの性能が上がっているのだから当然の結果。もはやスケールの面でも本鯖と体を張れるまでになりつつある。 エミュ鯖サイトのデザイン・素材にRO公式サイトの素材を使われ、 RO公式へのリンクを貼っているサイトまで存在しており、ガンホー・グラヴィティは完全に舐められている。 ますます調子に乗るエミュ鯖管理人に対し、ガンホー・グラヴィティは打つ手が無い。
資料:Nonai鯖接続人数
エミュ鯖の1つである「ロマリアオンライン」のサイト。管理人はこの人である。彼の愛称「ロマ様」の由来は言うまでもなく、このエミュ鯖。

登録情報詐称者に対するアカウント停止措置(2004.12.22)
 不正ツール使用などの不正行為者対策の一環として、全てのGungHo-IDを対象に登録情報の一斉調査を実施。 11月7日、12月12日に修正期日を設け、 公式サイトおよびメールでGungHo-IDの登録情報を正確な情報に修正しろと告知。 修正期日を過ぎても明らかに正確ではない情報が登録されているGungHo-ID(約10,000)を 12月22日に停止したと告知した。 登録情報詐称の基準は不明。正確な数字を出さない理由も不明。 正確な情報が登録されていないアカウントは所詮捨てアカウントであり、さらに 捨てアカウントが簡単に取れる現状では取り直せばよいわけで、これ単体では不正行為者対策としては弱すぎる。
資料:登録情報確認のお願い(公式)
資料:登録情報詐称者に対するアカウント停止措置報告(公式)

転生実装(2005.02.15)
 オーラーバトラーに新たな目標を与える。寿命延長パッチ。

不正アクセスを受け、顧客情報改ざん(2005.03.29)
 27日に550件の顧客情報を対象としたデータの改ざんあったことを確認。29日にガンホーのサイトで告知を出した。 このような事は改ざんを確認されなかった顧客に対しても早急に伝えるべきことであり、 各アトラクションのサイトにも告知を出すべきだが、各アトラクションのサイトには告知を出さず。 27日に改ざんされたことを29日になって告知を出した理由は不明。
「事実は確認されていない」というけれど
 ちなみに29日の告知では「第三者に上記お客様情報が不正使用ならびに流出した事実は確認されておりません。」とある。 改ざんは証拠が残る(バックアップと照合すればよい)が流出(閲覧・複写)は複写した物が出ないと露見しない。 すなわち、当たり前だが”事実は確認されていない”と”事実は無い”はイコールではない。
資料:当社ネットワークへの不正アクセスについてのご報告(公式)


サイト開設/サービス開始
■RagnarokOnlineMAP(2004.06.08)
 『RAGNAROK online 狩場情報』の後継的位置づけのサイト。

このサイトにおける元データは、狩り場情報さんのデータを参考に中の人が気づいた事を適宜修正を入れてあるものです。

モンスターの詳細データを載せていますが、全ての項目について無保証です。
間違いに気づかれた場合には、間違いだと思われる証拠などをBBSにて明示してくださると泣いて喜びます。

はっきり申し上げて皆さんのご協力次第で完成度が高まります。中の人だけでは到底無理というよりも無謀です。
about(RagnarokOnlineMAP)

ROratorio(2004.08.xx?)

このサイトは、ネットゲーム「ラグナロク オンライン」の計算機を置いているサイトです。
みすとれ巣様の更新停止にともない、転生・新装備・拡張職などに対応するべく、
サイトを開設してみました。
計算機のソースコードについては、ゼロから書いています。
(サイト開設時の約7割完成するのに1ヶ月半かかりました・・・。
原稿用紙180枚くらいのソース&データ。まさかこんなになるとは・・・)
出力デザインに関しては、慣れた人が使用しやすいように、みすとれ巣様の戦闘計算機を
参考にさせていただいております。デザインはそのうち変更予定。
このサイトについてROratorio

RAGtime(2004.12.25)


Merry Xmas!
2004/12/25をもってRAGtimeを公開します。

1年前のこの日、管理人はROを始めました。
サイトを開設しようと思い立ったときに、この日に公開しようと思ったわけですが、それが約1ヶ月前。
おかげで時間が足りず、データサイトなのにデータがあんまりないという結果に……
でも、どこかに公表したわけでも宣伝するわけでもないのでまったり完成させていきます。
リンク先がないところやデータ不完全なところがまだまだあるのでご了承を。

ちなみに現在データで完成しているのは「カード」と「経験値」のみで、「武器」「防具」「道具」のデータはありますが「買:」のところが未完成です。
「モンスター」はつくりかけ。他は手もつけていない。
早く完成させたい……
RAGtime

サイト閉鎖/更新停止
Breeze from Prontera(2005.03.12)
 α時代から続いていた最古参サイトの一つであったがマビノギ移住により閉鎖。雑記にはガンホーに対する不満が書かれていた。

2010.04.04移転
2004.08.28公開