■メニュー: |TOPインターネットの歴史個人サイトが多めなインターネットの歴史年表テキストサイトの歴史RagnarokOnline(JP)の歴史RagnarokOnline(JP)の歴史年表アイマスMADの黎明期アイマスMADを中心としたコミュニティの発展に関する研究ニコニコ動画で見るFLASH黄金時代「東日本大震災発生に伴うインターネット上の出来事と話題」日表ドラゴンクエストXベータテスト年表自己顕示欲充足システムに飲み込まれる登山者と事故の危険性 〜インターネットの普及による山行への影響について『ヤマレコ』を事例にして〜 『佐倉葉ウェブ文化研究室』10+3年の歩み倉庫

■RagnarokOnline(JP)の歴史: α/β1/β2/Episode1.5/Episode2.0/Episode3.0/ Episode4.0/Episode4.5/Episode5.0/

β1 (01年11月29日〜02年08月07日)  Map Server

RO文化の形成と混乱の予兆
 日本のアクションRPGを参考にしたと思われるROは、 確実に日本人ゲーマーの心を掴んでいった。 雑誌と影響力のあるサイトによる紹介でプレイヤー数が急増。 後期には各ワールドの接続数が許容範囲を大きく超えることになり、 結果、ダンジョンでの縄張り対立やマナー原理主義を生み出すことになった。
 韓国企業であるグラヴィティの管理は正式サービスを間近に控えた韓国語サーバー重視であり、 日本語サーバーはほとんど放置。 ゆえに4月からの外国人流入によるBOT増加に対し無力であり、 正式サービス後も続く「BOTの多いjRO」の原因の一つになった。
 それでもこの時期、プレイヤーはまだ楽観的だった。
「日本にサーバーが移転されれば良くなる。」
そして日本語サーバーにβ2アップデートが行われると同時に、サーバーが日本に移転されることとなったのだが・・・
ゲームシーン・β1
スキルが実装されたことで職業が個性的になった。
人口急増。5月ごろにはどこに行っても人が画面内にいるほどの過密状況。
武器防具代理購入の需要が大きく、代購商人の前は買い物客が順番待ち行列を作っていた。
露天の赤ポ16z、いも4z。
殴りアコが強かった時代。

至る所で見られた奇妙な日本語。これを人々は重力語と呼んだ

日本語サーバーβテスト開始予定日(2001.11.24)
 28日まで延期。理由は重力語を日本語に直すため。28日にはスクリプトに問題有り、さらに延期。

So Sorry!!

 日文サーバについての延期公知。
 もうしわけございませんが、
 11月24日18:00予定だった
 ラグナロクの日文サーバオープンが
 遅くなりました。

 理由はサーバの日文化問題、
 サーバからの日文認識問題と検証などで
 4日後の11月28日に開ける予定になりました。

 より楽な日文サーバを約束します。
告知(公式)

βテスト開始(2001.11.29)
 ついに日本語RO登場。でもキャラクター名は1バイト文字しか使えず。 初期は敵に囲まれたときの回避率低下が無かったのでシーフの天下だった。 2月9日に複数の敵にターゲットにされた時の回避率低下実装。β1時は髪が揺れていた。


資料:Ragnarok Online GIFsRPGFan

うさみみプレゼント事件(2001.12.27〜2002.01.07)
 Hyack氏が『MMO!』管理人のFen氏にうさみみをプレゼント。 Fen氏がそれを日記に書いた(「usamimi agemasu-」とHyack氏が言っているスクリーンショットを載せた)。 つまりゲームマスターが1プレイヤーに非公開でレアアイテムを渡したわけで、物議をかもす。 Fen氏は騒ぎになった1月3日に、日記の該当部分を削除。
 4日早朝、プレイヤーの一人がHyack氏に対してメールを出し、騒ぎになっていること教え、 さらに、アイテムを渡した理由を求める。 午前中にHyack氏が返信。ラグナロクをPRしてくれているサイトを選んでプレゼントをしたと返答。 ならば何故『Let's RAGNAROK』や『K-RAGNAROK』、『Ragnarok FAN.info』ではなく、影響力の低い『MMO!』を選んだのか?騒いでいるプレイヤーは納得出来なかった。
 5日にHyack氏が先の返信メールとほぼ同内容の文を告知で出す。 続いて7日、告知でFen氏からアイテムを返してもらうことと、 個人的な付き合いでアイテムを渡す事を一切しないことなどの宣言をする。 うさみみをプレゼントしたHyack氏の行為自体は問題であったが、早めに対策をとった事、 後にレアクラスのアイテムになるうさみみもこの当時はまだプチレアクラスであった事、 Hyack氏の人気・信頼度の高さによって、騒ぎはすぐに静まる。
資料:Hyack氏に対してのメールとその返信
資料:告知No. 31 告知No. 32
資料:GMとのプレゼント事件について (当時のMMO!にあった文)

LoN事件(原石事件)(2002.01.12)
 β1時代最大の事件。 露店売価に負の値を入れることで大量のZenyを入手することができるバグによる混乱のこと。 Lord of the Nightmareというキャラを中心に、所得したZenyでアイテムを数十倍で買い、市場が崩壊。 オリデオコン・オリデオコン原石を大量に買ったことから原石事件又はオリデオコン事件とも呼ばれる。 処罰対象は”大量の現金を持っていた者”といういい加減な判断基準で、関係ないプレイヤーが巻き添えに。 アカウントブロックの処罰を受けたプレイヤーは全アイテムとZeny没収で1月22日に復帰できた。

需要は少ないけど、買ってくれる人がいるからっていって、毎日毎日黄色Pot、白Pot売っていた商人さんが自殺しました。
今日、たくさん売れるのでとても嬉しかったそうです。

けど、何が起きたのかを知ったとき、その商人さんは
「イタイ、イタイ、胸がイタイ」
といって、露天を閉じました。

そして直後キャラを消したそうです。

彼は毎日がんばっていました。買う人、一人一人を全員覚えようと思っていました。
Potが1つ売れただけでも彼は喜んでいました。いつもお客さんに「まいど〜」と声をかけていました。
儲けが少ないのでなかなか自分の好きなアイテムを手に入れることが出来ませんでした。
もうすぐ花のカチューシャが買えそうだと、私に話してくれました。
花のカチューシャは、いつも町でみかける辻ヒールアコさんにプレゼントしようと思っていたそうです。

今日、いつもの何倍もの売上がありました。花のカチューシャが今日の売上だけで買える金額になってしまいました。
彼は「こんな汚れたお金じゃ、アコさんはよろこばないだろう」
と、言いました。

私は何もしてあげられませんでした。

イズルード実装(2002.01.18)
 通称・伊豆。 各街に100zで転送出来ることからプレイヤーが集まり、プロンテラの次にプレイヤー・露店が多い街に。 β2になり、転送が廃止されると見事に過疎になった。
資料:都市間移動コスト表(β1)

memberx氏登場(2002.02.20)
 Hyack氏GM退任に伴う、後任のゲームマスター。

gamemaster: 新しいGM memberxと申します。
gamemaster: 今patchのため shut downになります。
gamemaster: ヒャックさんは そばでにこにこしています。
gamemaster: では、count downを始めます。
gamemaster: 10
gamemaster: 9
gamemaster: 8
gamemaster: 7
gamemaster: 6
gamemaster: 5
gamemaster: 次はなんだっけ
gamemaster: まあ。。。さらば。。
ワールドアナウンス

memberx氏大いにしゃべる(2002.02.23)
 グラヴィティは朝にアクセサリーを2個装備を可能にするパッチをあてるがアイテム・スキルがロストする不具合発生。 15時に修正するも、他にも多数のバグ発生。memberX氏はワールドアナウンスで作業状況をプレイヤーに報告していたが、 そのうち調子が上がっていき、ゲームとは関係無い雑談をし始める。 「社長にはひみつにしてください〜」と言いながら、バグ取り作業が終了する22時まで、 自分の名前、グラヴィティの社長はリアルでうさ耳をつけている、などの話から、 モンスターへの給料はZenyで払ってますというどうでもいい話まで大いに語った。 Hyack氏と同様に愉快なゲームマスターであった。
資料:2/23:memberx発言集(ミラー)

キャラクターチェンジ・β1(2002.02.25)
 他人のキャラ情報が自分に上書きされる現象がおきる。 当初βテスト期間中には復旧出来ないと告知したが、被害が大きかったせいか復旧を行うことになった。 3月6日に対策パッチを当てる。被害者にはメールで対処する予定であったが、方針変更。 3月7日に3月1日まで巻き戻しをすることで対処。 このキャラクターチェンジという言葉が半年後、現象を変えて再び現れることになろうとは・・・

▼目次
日本語サーバーβテスト開始予定日
βテスト開始
うさみみプレゼント事件
LoN事件(原石事件)
イズルード実装
memberx氏登場
memberx氏大いにしゃべる
キャラクターチェンジ・β1
Loki&Iris Open
初心者修練場設置
害人が目立つようになる
モンスター街襲撃イベント
β2への期待
物価暴落
カプライベント復活
情報漏洩
日本にサーバ移転。管理会社発表
β2クライアントフライングゲット
さようならβ1
β1期の運営方針
jROのゲームマスター1
懐かしのβ1
BOTの登場
サイト開設
サイト閉鎖/更新停止

日付 イベント
01.11.24 β1テスト延期1
01.11.28 β1テスト延期2
01.11.29 β1テスト開始
Chaos Open
01.12.03 弓手向上委員会開設
01.12.03 Ping=0閉鎖
01.12.06 地下水路パッチ
01.12.25 クリスマスパッチ
01.12.25

02.01.02
クリスマスイベント
01.12.27

02.01.07
うさみみプレゼント事件
02.01.12 LoN事件(原石事件)
02.01.14 DOP祭り
02.01.18 イズルード実装
02.01.22 LoN事件に関わるアカウントブロックの解除
02.01.25 RODN開設
02.02.01 スキン機能実装
02.02.09 回避率低下パッチ
02.02.11 RAGNAROK Search開設
02.02.15 らぶひゃっくたん開設
02.02.20 memberx氏登場
02.02.21 Hyack氏GM退任の告知
02.02.23 沈没船実装
02.02.23 memberx氏大いにしゃべる
02.02.25

02.03.06
キャラクターチェンジ(β1)
02.02.28

02.03.04
Loki立ち上げ準備期間
02.03.04 Loki Open
02.03.06 回線増設
02.03.07 Chaos巻き戻り(キャラクターチェンジ対策)
02.03.13 Iris Open
02.03.21 OptimizeProject開設
02.03.26 中規模パッチ
02.03.29 ChaosとLokiで巻き戻し
02.03.31 RAG-FES
02.04.05 公式ファンアートブックの作品募集
「うれしい おしらせが あるんですわ〜」
02.04.06 バーチャルネット半なまAA描き・チェき14歳開設
02.04.12 耳打ち実装
02.04.13
(02.03.20)
バーチャルネットアコライト・さやさや16歳開設
02.04.17 泡沫の夢パッチ
02.05.01 RAGNAROK Square開設
02.05.02 装備個所制限解除チート対策の為、蝶・ハエ・イグ葉利用不能処置
02.05.25 K-RAGNAROK更新停止
02.05.28 蝶、ハエ、イグ葉利用不能処置解除
02.05.31 モンスター街襲撃イベント
02.06.07 サクライのアレ開設
02.06.19 7月中にβ2Openと告知
02.06.22

02.08.07
物価暴落
02.07.02 告知で月額3600円になる予定だと言う噂を否定
02.07.13 バーチャルネット悪コライト・レイホウ19歳開設
02.07.15 カプライベント復活
02.07.25 β2が8月に延期と告知
02.08.01 yuyuでRo!開設
02.08.02 個人情報漏洩1
02.08.03 国際サーバー閉鎖
02.08.05 日本サーバーの運営会社発表
02.08.06 グラヴィティのサーバーにすでに日本β2のクライアントが上げられているのが発見される。
02.08.07 さようならβ1
Loki&Iris Open(2002.03.02、2002.03.13)
 3月2日にLoki、11日にIrisを新設。Login画面でIrisにだけ長くIris(new)とnewがついていたので新しいプレイヤーはIrisに行くことが多く、 徐々にChaosの接続数に追いついていく。

初心者修練場設置(2002.03.26)
 君は知っているか? β1のころにはLvが上がっても修練場から出ずに住み着き、 ひたすらファブルだけを狩っている謎なプレイヤーがいたことを。

害人が目立つようになる(2002.04〜2002.08.23)
 害人とは迷惑行為をする外国人プレイヤーのこと。外国人は「give me money plz.」「 heal me plz.」が口癖でBOT利用者も多く、嫌われる場合が多かった。 とはいえ、外国人プレイヤーがいたほうがMMORPGがよりMMORPGらしくなるという意見もあり、β1時代の特徴として今では懐かしまれることもある。
関連:BOTの登場

モンスター街襲撃イベント(2002.05.31)
 モンスターの数が少なく、すぐに終わった。 接続数がChaosで8k、Irisで5k。

『Let's RAGNAROK !』より

β2への期待(2002.06〜2002.07)
 β1の時、JPサーバーは韓国にあって日本←→韓国の回線が細かったので ラグが激しく、マップが切り替わるごとにサーバーキャンセルが起きていた。 さらにグラヴィティは数多くいるBOTに対して、ほとんど対処しなかったので プレイヤーは、日本にサーバーが移転されるのを切望していた。
日本にサーバが来るという話が出た時、代理店は日本ファルコムになるのでは、という予想をするプレイヤーが多かった。

物価暴落(2002.06.22〜2002.08.07)
 6月19日、7月中に日本語サーバーβ2をOpenさせると告知。アイテムの引継ぎがどのような形になるのか 注目されていた。
 22日、韓国で韓国語サーバーβ2アップデートに関する告知において、 装備中以外のアイテムはβ2移行時に皆削除されることが判明。 日本語サーバーも同じような形になるだろうと予想された。 したがって、装備品以外のアイテムは残しておいてもしかたがないことから、物価暴落。 いつか効果実装されるかも知れないと倉庫で大事に保管していたカードはゴミ当然に。 カプライベント復活に備えて倉庫に保管していた、うさ耳の材料である四葉も安値で売りとばされる。 四葉を売り飛ばすのは間違いだったと後に判明するのだが・・・
資料:2週間後にカプライベントが復活するとは露にも思わず、四葉を売り飛ばしてしまったS氏(筆者の知り合い)

カプライベント復活(2002.07.15)
 クリスマスパッチ・02.04.17パッチ以来久々の登場。 02.04.17パッチの時は数時間でバグのため撤去されたので、 クリスマスパッチ終了後以降に始めたプレイヤーにとっては待ちに待った復活。 装備品なのでβ2に持ち込めることから、みんな必死になって交換に必要なアイテムを集めてた。 安値で売られていたうさ耳の材料である四葉が高騰。
 交換のときに大量のプレイヤーが同時に交換NPCをクリックしたためにバグ発生。交換に必要なアイテムを渡してもうさ耳をもらえないことが。 もちろんアイテムは消える。

情報漏洩(???〜2002.08.02)
 「http://data.gravity.co.kr/account_checkjp.asp?aid=」の最後に適当な6つの数字を入れるとその数字のIDのプレイヤーの個人情報が見えてしまう。
 8月1日に告知。内容は韓国語&国際サーバーではβ2バージョンなのですでに解決済みだが、 日本語サーバーではまだβ1バージョンなので直してはいませんでしたとのこと。 ということは問題を認識しているにも関わらず直さなかったと言うことだ。 「現在知られた全てのHacking方法を遮断して、これ以上の個人情報の Hackingは防げました」 と告知では言っていたが、対策は表示される個人情報をHTMLのコメントタグで見えなくするというお粗末なもの。 時間稼ぎ。次の日に根本的な対策をとった。

日本にサーバ移転。管理会社発表(2002.08.05)
 代理店が予想していた人の多かった日本ファルコムではなく、 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(商号変更前はオンセール)という ネットオークション運営をやっていた会社で、ゲーム業界では無名。 最初はなんでこんな会社が代理店になったのか解らなかったが、 社長が孫泰蔵という人で、ソフトバンクグループの孫正義の弟であった、 つまり、朝鮮半島と縁のある人が社長ということで、代理店になれたのはそれが一因ではないかという憶測がでる。 (後に森下氏が当時を振り返って「弟がROをプレイしているのを見て、すぐにグラヴィティへ電話し商談に入った」という話をしたが、この当時はまだ森下氏は表に出てきておらず、プレイヤーは森下氏の存在を知らなかった)。 ソフトバンク系列、すなわちユーザーへのサービスが酷いことで当時は有名だったYahooBB関連ということで、 多くのプレイヤーが嫌な予感をしたのは仕方のないことだろう。
 日本語サーバーβ1後期、グラヴィティは韓国正式サービス開始に力を注ぎ、日本語サーバーは多くの問題を抱えているにも関わらず、完全に放置状態。したがって「日本にサーバーを」「管理を日本の会社に」というのはプレイヤーの悲願であった。
オンセール株式会社とは?
設立: 1998年7月1日
本社所在地: 東京都中央区日本橋箱崎町24-1→東京都渋谷区初台1-53-6 初台光山ビル7F
資本金: 6億5千万
歴代の代表取締役社長:佐々木経世、東家信和、孫泰蔵(2000.08以降)
取締役:孫正義(ソフトバンク)
取締役:宮内謙(ソフトバンク)
取締役:エス・ジェラルド・キャプラン(米国オンセール)
取締役:アラン・エス・フィッシャー(米国オンセール)
主要株主:
ソフトバンク・イーコマース株式会社(後のソフトバンク・イーシーホールディングスさらに後のソフトバンクBB)
ONSALE(Egg Head.com)
インディゴ株式会社(2000年以降)
持ち株比率:ソフトバンクグループ 60%、米国オンセール社 40%
主な業務:
インターネット上でのオンラインオークションの運営
オンラインオークションシステムの提供
その他インターネットを利用した各種販売サービスの提供
URL:http://www.onsale.co.jp/

 ソフトバンクが、98年5月15日、米国のオンセール(ネットオークション運営)と提携し、 オークションビジネスに進出することを発表。合弁でオンセール(株)を設立、99年6月にBtoCのオークションサービス開始。 2000年4月にCtoCオークションを開始したのだが情勢を見誤り失敗
 01年、オンセールに森下一喜氏が入社。孫泰蔵社長は森下氏に「何がやりたいのか」と問う。森下氏は「オンラインゲームの会社を新たな気持ちで立ちあげたい」と答えたことがこの会社のターニングポイントとなった。
 
ソフトバンク第19期中間事業報告書より(1998.4.1〜1998.9.30)

β2クライアントフライングゲット(2002.08.06)
 6日22時、グラヴィティのサーバーftp://ragnarok.nefficient.co.kr/pub/ragnarok/に日本β2のクライアント が上げられ始めていると言う情報が流れる。 サーバーは公開(anonymous)で誰でもダウンロードできる状態であったので当然落とす人が出る。 グラヴィティはサーバーを閉じなかったので7日以降も落とすことが出来た。 ちなみに告知が出るまで待ったプレイヤーがクライアントを落とすことが出来るようになったのは13日。

さようならβ1(2002.08.07.11:27)

こんにちは、GM memberxです。
ついに時間です。
こんにちは
GM memberxです。
ご存知の通り、今日からサーバーと停止して、β2移行作業が始まります。
今までのご声援ありがとうございます。
β2の準備とServer移設作業のため、
8月12日までServerとHome Pageを停止させて頂きます。
では、皆さん。お別れの時間です。
では、お別れの時間です。
β2の準備とServer移設作業のため、
β2の準備とServer移設作業のため、
β2の準備とServer移設作業のため
β2の準備とServer移設作業のため、
β2の準備とServer移設作業のため
β2の準備とServer移設作業のため、
β2の準備とServer移設作業のため、
ServerとHome Pageを停止させて頂きます。
windowの問題でちょっとアナウンスが遅くなった点、申し訳ありません。-_-;
では、皆さんお別れの時間です。
β2は12日に来ますけど。私(元GMになる予定)は韓国のGMとして残ります。
今まで誠にありがとうございました。
長くなりましたね。そろそろshutdownすることにします。
ログアウトお願い致します。
装備しているアイテムだけ残りますから。ちゃんとチェックしてね。
では、皆さん。。。
さようなら。。。
では、shutdownします。
皆さん。ログアウトお願いします。
ログアウトお願いします。
ワールドアナウンス


β1期の運営方針

Ragnarok Fanpage Making について
No. 35 Date. 2002-01-09 10:5:18

 Ragnarok Fanpageを作るときには、
 Ragnarok Online のJPG、GIFなどの画像は
 Gravity本社に報告なしでご自由に使ってもいいです。
 ただしRagnarokやGravityのTitleなどを
 必ず明記して下さいませ。
公式
 このRO公式の素材を許可を取らずに自由に使ってかまわないという方針がファンサイト作りを容易にし、 コミュニティ拡大に繋がった。

Tool - RO - について。
No. 59 Date. 2002-01-29 16:46:40

"横は入り"機能だけを不許します。
ただし、以外の機能は大丈夫です。
ぜひ、
横は入り機能がない最近のVersionを使ってください。
公式
 "横は入り"とはパッチサーバー飛ばしのこと。それ以外の機能は使用許可。 ガンホー管理になってからは方針変更。支援ツールは機能に関わらず使用禁止。但し、許可が無いだけで使用自体は可能。
05年12月、nProtect導入とともに使用不可能に。 「ろ。」「自動芋」「自販芋」「RAGNAROK Relocator」「立ちアコ」・・・
 ちなみに使用禁止にも関わらず、うっかり公式本で紹介してしまったことがある。後に出版社が読者とガンホーに謝罪した。
資料:ついうっかり爆進しすぎた「ラグナロクオンライン+」

jROのゲームマスター1
■Hyack
 変な日本語を武器にプレイヤーを虜にしていく、脅威のゲームマスター。 ROの古きよき時代の象徴。α期の日本語公式サイト開設とともに登場し、β期の2月21日まで日鯖のゲームマスターを担当した
 2003年11月グラヴィティ退社→湖の妖精国→2004年11月NC Soft入社→2005年8月再びグラビティへ。 そしてすぐに東京ゲームショーでRO2でもGMやります発言。 再び彼の変な日本語がワールドアナウンスで流れるときが来るのか?
キュンo(゜ゝ ゜ *)oキュン(^ゝД*)

■memberx
 Hyack氏の後任として日鯖のゲームマスターとなった。Hyack氏と違い、日本語は相当達者。 ゲームマスター就任当初はよくしゃべっていたが、 とある出来事以降、必要なこと以外はしゃべらなくなったと言われている。

懐かしのβ1
■重力語
「ツデローヘデームベドーン」とか
「アーチャスケルトフフフフフフフ」とか
「テデデッンバドレベ」とか

資料:試験に出る(?)重力語講座IMPROVE

■重力時間
 告知された作業終了予定時刻よりも必ず遅れることから、グラヴィティの周りには独自の時の流れがあるという意味。

■金ゴキ戦
 β1時、黄金蟲に効果的にダメージを与える方法は無く(剣士の剣修錬で31ダメージ与えるのがやっと)、 出現したら、パーティに関係なく、その場にいた人、 通りかかった人がFirstAttackした(された)人に協力し、皆で金ゴキを袋だたきにしていた。 β1を懐かしむときに話題に上げられることが多い。

■狸山
 プロンテラフィールド03(prt_fild03)の通称。 ここにしか出現しないスモーキー(狸)がいるのでこう呼ばれた。 スモーキーは猫耳のヘアバンドを落とすので、多くのプレイヤーが集まったが 一番集まったのはBOT。とにかく多かった。 β2ではスモーキーが出現しなくなり、過疎MAPとなる。

■代購、代売商人
 NPCからアイテムを売買する時は当然オーバーチャージ、ディスカウントを習得している商人を使ったほうがよいわけだが、 当時はサブキャラに商人を持っている人が少なかった。 故に、商人を持っているプレイヤーが商人を持ってないプレイヤーに代わり、NPCからアイテムを売買して 手数料を貰うという商売が当時は成り立っていた。 需要も大きく、代購商人の前は買い物客が順番待ちの長い行列を作っている場合も。 β2以降はサブキャラに商人を持つプレイヤーが多くなり、代購、代売商人は見かけなくなる。
資料:代売行列ドリルアタック!

■職業批判
 一番強いと思われる職業に対する批判。だが、その内容は批判ではなく妬み・私怨からくる悪口そのものの場合も。ただし、単にネタで悪口を言っているだけの場合もある。

■マナー原理主義
 必要以上にマナーを訴えるプレイヤーが増え始め、 ノーマナーなどという謎な単語が使われることとなった。 ノーマナーとはマナーを守れていないと言う意味。 そのマナーとは、率直に言うと俺ルールであり、 「自分にとって気に入らないこと、不都合なこと=ノーマナー」 プレイヤー間でのトラブル、罵り合いの元凶。 ノーマナーという単語を流行らせた点はRO独特だが、現象自体はRO社会だけではなく、ネット社会全般、一般社会でも見うけられる。

■カード
 β1時のカードイラストは超リアル。 チョンチョンとかファプルとかリアルに書かれてもキモイですからー。
資料:β1時代のカードイラストRune Midgarts Library

■殴りアコ
 当時は仕様上(デモンベインとデバインプロテクションの効果が高かった)、結構強かった殴りアコ。 フェイヨンダンジョンは彼らの最も得意とする場所で、「フェイヨンなんざ素手で!」という「にゃんこ先生」の言葉は あまりにも有名。ちなみに、にゃんこ先生がいるIdunワールドにはにゃんこ先生の影響なのか「素手祭り」なるユーザーイベントが存在する。

BOTの登場
 いつから日本語サーバーにBOTが現れるようになったのだろうか?。「何月何日から」というような、はっきりとした日付など解りようが無い。 ただ、「BOTが目立つようになったのは、だいたいいつ頃なのか?」という問いには答えることができる。”4月頃”である。
 以下に『RagnarokOnlineの現実。』の一期目(02年版)から引用する。前半はBOTの説明なのだが、注目すべきは後半の「sakage-04さんからのメールによる情報提供」であろう。

■BOT
分かりやすく言えばユーザーの行動を全自動で代理してくれるツール。
動作を考えると、ツールでは無くクライアントエミュレーターと言った方が正確。

BOT はβ1後期に急速に普及、主に使用者はタイ人であったとされた。(もちろん日本人でも使用者、開発者は居た)

β1時代の BOT はパケットの連続送信により珍即剣、高速ルートといった本来有り得ない動作を実現しているものもあった。また、横殴りやルートを平気で行う物も少なくなく、サーバーへの負荷が大きい、有害な存在であるとしてユーザー間で排斥運動が行われた。事実β1後期は恒常的にサーバー過負荷の状態が続いており、サーバー辺りの接続人数は4000人程度であったにも関わらず、恒常的なラグに苦しまされていた。
ユーザーはBOT 利用者への断罪を求めて、 Gravity に対して BOT 使用者の SS をメールで送りつけるなどの行動を起こした。中には「アカウントブロックしました」 というメールが帰ってきたという話もあったのだが、実際はβ2以降もβ1の有名な BOT 利用キャラクターが二次職業になって活躍しているのを見て多くの人が失望した。IP ブロックが実施されるようになった頃からその姿を見かけることは無くなった。

β2になると、BOT のユーザー層は日本人が多くを占めるようになったと思われる。後述する精錬チートを組み合わせた、主に VIT 騎士の BOT がコボルト森で多く見られた。また、主流 BOT であった kore がログインサーバーに通常では有り得ない速度でログイン認証を行うというバグを持っていた為、事実上 BOT がログインサーバーにアタックを掛け、ログインできない状態が当たり前のようなものになった。

RAG-FAS2 に於いてユーザーは質疑応答で BOT 問題を取り上げたが、調査中、対策中などの言葉ではぐらかされて終わる。

この BOT 問題の責任追及先は不明。日本代理店であるガンホーに何の責任も無いとは言わないが、BOT の存在を許容するゲームデザイン、バランス、穴のあるシステムを実装した Gravity 側も責任を追及されるべきであろう。そもそも、ユーザーの操作を BOT が簡単に再現できる、という事実が間抜けな話である。

台湾サーバーの GM は BOT 問題に真摯に取り組んでいるが、BOT 側も進化し、GM の接近を認識するとログアウトする、などの対策をとるものも増えている。GM 曰く、"どんなに腕のいい料理人でも素材が良くなければ美味しい料理は出来ない" とか。

追記。sakage-04さんからのメールによる情報提供より引用。

日本鯖でBOTが初めて騒がれたのは英語鯖が米国へ移転のため一週間ほど閉鎖された時でした。(4月くらい?)この閉鎖期間中にバッタ海岸で数体のBOTが動いていたのを私も直に見ています。この時期を境に、低レベル狩り場にはBOTが見られるようになったようです。

この後の内容はちょっと長いのでこちらで纏めさせて頂きます。
この後、国際サーバーは米国内に移転したのですが、ラグが移転前と変わらず、特にタイの一般家庭から接続では正常なゲーム進行自体が出来なかったようです。そのような状況に嫌気が差したユーザーによって、国際サーバーは BOT 天国となりました。
そして、国際サーバーを失望したユーザーが求めた安息の地が日本サーバーだったようです。(Loki の接続数が一気に増えたのを覚えています)
ところが、日本サーバーもゴールデンウィークの人口増加で過密状態になり、ラグに耐え切れず BOT に手を出す人が出てきました。ほとんどの日本人、国際サーバー住民は耐えたのでしょうが、特に回線品質の悪いタイ人、それに加えてβ1終盤(β2アナウンス後)では多くの日本人が BOT に手を出していたようです。


日本サーバーの BOT の起源は、RO チートサイトの最大手でも、日本サーバー用のソフトは見当たらなかったことから、国際サーバー用の BOT を日本サーバー用に、恐らくタイ人が改造したものではないか、とのことです。
RagnarokOnlineの現実。

サイト開設
R.O.M 776(2001.12.??)


■弓手向上委員会(2001.12.03)


■RODN(2002.01.25)
Let's RAGNAROKに次ぐ総合情報サイト大手。ROニュースの速報性に強み。アンケートの実施なども。


"RODN"(RAGNAROK ONLINE DAILY NEWS)は韓国の(株)GRAVITY の制作したMMORPG「RAGANAROK ONLINE」のβテスト上で起こった情報をまとめた簡易ニュースサイトです。基本的に公式の発表などよりは、ちょっとした噂話や町で起こったイベント等のどうでもいいといえばどうでもいい話を中心にまとめていきます。情報の選択には慎重を期しているつもりですが、中にはうっかり誤報が混じってしまったりする事がありますので注意してください。そんなわけで現在テスト運営中。
RODN

RAGNAROK Search(2002.02.11)


らぶひゃっくたん(2002.02.15)


このサイトは、ネットゲーム【ラグナロクオンライン】のファンサイトです。
特に元GMひゃっくサンのFANかもしれませんw
らぶひゃっくたん

■OptimizeProject(2002.03.21)


 このサイトは多人数ネットワークRPG「RagnarokOnline(以下RO)」におけるステータスにおけるあれやこれやを研究する,ROの中・上級者のためのサイトです。

 ROは今のところ配分したステータスを再配分できません。そのため安易にステータスを割り振ると後になって後悔したり・・・といったことがよくあります。

 そこで,どこのサイトにでも乗っている単純な話ではなく,いろいろな人たちが研究に研究を重ねてきたことや,あるいは数多くの実験から導き出せた意外な結論などを掲載し,少しでも悩む人たちの助けになればとこのサイトを立ち上げました。  さらには皆様のご意見やご指摘も反映・掲載させていただきたいと思います。差し支えなければ気づいたことや検証したことをこのサイトに提供くだされば幸いです。

 それではRO好きの皆様,どうぞよろしくお願いします。 m(_ _)m
最初に(OptimizeProject)

バーチャルネット半なまAA描き・チェき14歳(2002.04.06)

D4』というサイトの1コンテンツ。

『チェき14歳』……そこはかとなくダメダメさかげんが漂うこの存在は、えーとえーと、葉鍵板スペックスレで生まれた、2次元と3次元の狭間あたりでみんなにいぢめられつつ悶えている、よくわかんない妹的存在らしいデス。ぼにうとか突起物とかはなぜそーゆー話になってしまったのか本人にはさっぱりなのデス(えー)。
チェき14歳についてチェきは口を挟まないで

バーチャルネットプリーストさやさや16歳(2002.04.13あるいは2002.03.20)

 開設当初のサイト名は『バーチャルネットアコライト・さやさや16歳』。

 はじめまして。私は、ネットゲーム”ラグナロクオンライン”世界に生きる”アコライト”さやさやといいます。攻撃に特化した剣士やシーフ、遠距離攻撃のアーチャーや魔法士よりもヒールレベル10のIntアコが好きだ!という辻ヒールコンプレックスな方のために生まれた新しい形のネットアコライトです。病弱なのでもって半年、早ければ一週間の命な私ですが、どうかよろしくお願いします。
バーチャルネットアコライト・さやさや16歳

RAGNAROK Square(2002.05.01)

 02年3月から平泉まゆ(mayuneko)氏の別サイト内に存在はしていた。β2期にサーバーチェッカーを置くことで『RO SV Info』閉鎖による難民を取り入れて人気になった。

■サクライのアレ(2002.06.07)
 その名の通り韓国Sakrayの情報サイト。 サーバーチェッカーも置いてあり、『RO SV Info』が灰になった後、サーバーチェックサイトとしての地位も確立した。 02年10月16日、Chaosショック。しかしガンホーは巻き戻しをせず。 状況に危機感をもったサクライのアレの管理人は巻き戻しを求める署名集めを指揮し、8281人の署名を集め、ガンホーに提出した。 RO(JP)で始めての抗議・改善運動であったが、これに対しガンホーはプレスカンファレンスで簡単に感想を述べたのみであり、 プレイヤーの想いはガンホーの心には響かなかった。

462 名前: 名も無き冒険者 投稿日: 02/06/07 21:51 ID:OyvuCmk2
Closedβに合格した方へ
鯖チェッカを作りました
もし、よろしければご利用ください
ttp://ragnarokonline.mine.nu/

転送弱いので、お手柔らかに
連アタされて落とされたらさっさと逃げます

■バーチャルネット大司狂レイホウ19歳(2002.07.13)

 開設当初のサイト名は『バーチャルネット悪コライト・レイホウ19歳』。

 はじめまして。わたしはラグナロクオンラインというやや末期症状気味の経済状態のゲームに生きる、宣教師です。アコライトの中でも、宣教師です。芋連打してもおならをしないし、そもそも回復アイテムなど要らないステータスなので現実の宣教師以上に理想的な宣教師と言えるでしょう。あと、このページ内にはやたらと宗教的なことが書いてありますが、これはレイホウの愚兄が高校時代に礼拝のある学校に通っていたため、レイホウもそれに影響されたからであります。あと、あまり堂々と名乗ってしまうと、プリクラとか開発して、本来殺伐としているべきゲーセンをメス豚どもの集う場所へと変貌させてしまったA社から文句がきたらヤなのでレイホウとだけ名乗っておきます。 かつては仏に仕えていましたが、今は最強の世界宗教に宗旨換えしました。えいめ〜ん
バーチャルネット悪コライト・レイホウ19歳

■yuyuでRo!(2002.08.01)


 ここは、オンラインゲーム・ラグナロクのキャラクター [ yuyu ] の視点で、
いろいろなものを見ていこうという、そんな感じのページです。
 構成はちゆ12歳さんのところに似せてあります。 見やすかったので♪
それと私はVNIではありません。 自称猫なのでそう呼んでくれるとうれしいです♪
yuyuでRo!

■RO SV Info(2002.xx.xx?)
 開設当初のサイト名は『RO SV Watch』。 サーバーチェッカー。サーバーが不安定だったこの時期、MAPを移動するときに行き先のサーバーの状態をチェックをすることは重要だった。もしサーバーが死んでいるMAPに行ってしまうとサーバーキャンセルを喰らい、サーバーが復活するまで数時間(数十時間)待たされることになる。

■ラグナロク ナウ(2002.xx.xx?)


このHPは、見た目のかわいい本格派オンラオインRPGゲーム
「ラグナロク・オンライン(Ragnarok Online)」の非公式ファンサイトです。
現在無料βテスト中ですので是非やってみませんか?
ラグナロク ナウ

RAG.D Project(2002.xx.xx?)

 元々は『@NET』というサイトの1コンテンツ。総合情報サイトだが、ここが有名になったのはガンホーを皮肉った数々のネタを作ったからである。 代表的な物は、flash作品では「Ragnarok Online 体験版」「Ragnarok Offline」「RagnarokBB」など。 知る人ぞ知る『バーチャルネットアイドル社長 孫泰蔵30歳』もこの人。 近況報告にもガンホーを皮肉った文を書き、ガンホーに不満をもつプレイヤーの心をつかんだ。 「ガンホー春のBAN祭り」では影響力を行使し、ガンホーを揺さぶる。 ちなみにROとは関係ないが「WEB何か」もこの人。


サイト閉鎖/更新停止
■Ping=0(2001.12.03)

突然ですが、本日を持ってping0の運営を終了とさせて頂きます。 理由は諸事情により会社を退職し、これまで会社の好意で借りていたサーバー、ドメインが使えなくなってしまうからです。

ping0というサイトがのサイトがここまで大きくなったのは、 私の志に賛同し、応援してくださったスタッフとパートナーサイトそして日々、http://www.ping0.comに接続してくださる読者の皆様のおかげです。 私がping0をはじめたきっかけは、1999年当時日本国内にオンラインゲームを真剣に取り上げているサイトが無かったことから 「それなら自分で作るか!」という勢いからでした。 今も昔も変わらないことですが、その内容は海外の情報サイトから日本人にも興味が持てる情報をピックアップ。 翻訳して紹介するというもので新作ゲームのデモ版が出れば真っ先にプレイして、 その内容を出来るだけわかりやすく解説していました。

2001年も今月一杯で終了。年をあければサイトオープンから2周年、そしてカウンターもまもなく300万を迎えるわけで、 サイト運営にピリオドを打つには、少し早い気もしますが、 ping0がきっかけでオンラインゲームの魅力に気づいた方は大勢いらっしゃるようですし(稀にメールが届きます)  99年当時に比べればオンラインゲームを取り上げるサイトも大幅に増えています。 そして企業の見る目も変わったようで、積極的にPCのオンラインゲームを取り上げるようになりました。 よって、“オンラインゲームの啓蒙”を掲げてきたping0というサイトの役割は十分に果たされているのでは無いかと感じる今日この頃です。

ご存知のとおり、当サイトでの紹介をきっかけにRAGNAROK ONLINEというゲームが大フィーバーで、 光栄にも当サイトは開発元オフィシャルのミラーサイトとしてβクライアントの配布を要請されているのですが、 あまりの人気でサーバーに常時負荷が掛かってしまうことから配布をメールによる先着制という形を取らせて頂いております。 これも今後はサーバーを使うことが出来なくなってしまうことから、ファイルの配布を続行することは出来ません。 しかし、うちの代わりに配布してくださるとある企業と既に話がついていますので、近日中にはそちらからのダウンロードが可能となるでしょう。どうぞご期待ください。

この閉鎖によって多くの方にご迷惑をお掛けすることを、この場を借りてお詫び申し上げます。 メールの方は当分使えますので、苦情や質問などはここにではなくseidai@ping0.comまで直接お願いします。

最後の最後になりましたが「どうもありがとう!」
Ping=0

■K-RAGNAROK(2002.05.25)

大変申し訳ございませんが、現在更新作業をまめにすることが不可能な状態です。
事故によってデータを消失してしまったため、ラグナロクオンライン自体遊ぶ
こともしておりません。(そういう人間がサイト運営するのはまずいので休止します)。
約9ヶ月の間、たくさんの御引き立て誠にありがとうございました。
また、まことに勝手な休止、大変ご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
次にみなさんにお会いできるのは、少なくとも今の仕事に一段落ついてからかな、と思います。

リンクしてくださっているみなさま、まことに申し訳ございません。
更新のできない状態であるため、コンテンツも削除いたします。
重ね重ねご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

リンクしてくださっている方でメールアドレスがわかる(サイトに記述がある)方には
メールでアナウンスさせていただきました(見落としで届かなかった場合、ご容赦ください)

それでは! またミッドガルドでお会いできることを祈りつつ、cya!!
K-RAGNAROK

2010.04.04移転
2004.08.28公開